まつ毛美容液は色素沈着を起こす?

まつ毛美容液を使うとかなりの確率で色素沈着を起こすと言われています。
それは、緑内障患者のためのルミガンと言う目薬の成分が副作用でまつ毛が伸びる為、まつ毛美容液の成分として使われています。

 

 

しかし、その成分はメラニン成分を活性化させるためまぶたや目の周りにつくと茶色いクマつまり色素沈着が起こるのです。
ですから、プロスグランジン、ビマトプロスト、プロステノールアミド、この3つの成分の入っていないまつ毛美容液なら安心して使用できます。

 

 

万が一何かの原因で色素沈着が起こってもケアをすれば改善できます。
まず、クレンジング時にはこすらずに指の腹で優しく落とします。

 

 

洗顔後は目の周りは特に乾燥しやすいので保湿クリームをクレンジング時同様に優しく塗ります。
そして、美白効果があり、メラニン生成を抑制するビタミンCを積極的に摂取し、普段の生活では紫外線に気を付けてサングラスをかけましょう。

 

 

刺激がメラニンを活性化する原因になりますから、マッサージや目をこすることは絶対にやめてください
このことを実行すると必ず健康的な目元に変身できます。


まつ毛美容液は未成年が使っても大丈夫?

まつ毛美容液は天然成分配合で副作用がないので未成年者にも安心して使えそうですがおすすめはできません。

 

 

たいていの美容液の注意書きにはお子様は使わないようにと書いてありますのでそれに反することはできません。
そして、未成年者本人自身、あるいは友達同士で使用方法を理解せず想像で使用してトラブルになる可能性が大いにあります。

 

 

たとえ親御さんの監督の元でも、まつ毛に接触している肌や目の部分は特に敏感で、美容液を使用したことで大きなトラブルが起こり、それが原因で失明などで一生が台無しになる可能性があります

 

 

しかし、生まれつきまつ毛が薄くてどうしても使用したいなら親御さんと同伴で医療機関を受診してください。
処方箋を出してもらえればまつ毛育毛剤なら使用することができます。

 

 

しかし、未成年のトラブルは親御さんの責任になります。
まつ毛美容液を使用させる前によく考えなおしてください。

 

 

未成年うちは、栄養たっぷりの食事、規則正しい健康的な生活を送っていれば体の成長とともにまつ毛も立派に成長するはずです。
化粧品に頼るのは早すぎると思います。