まつ毛美容液と育毛剤はどう違うの?

まつ毛美容液と育毛剤の違い

現在、まつ毛を元気にさせるものとして、まつ毛美容液とまつ毛育毛剤があります。
まつ毛美容液は一般のドラッグストアや通販などで市販されている化粧品です。

 

 

加齢やマスカラなどのアイメイクが原因で毛そのもののコシがなくなってしまったり、抜けて薄くなってしまったまつ毛を美容液の主成分であるヒアルロン酸、褐藻エキス、コラーゲンなどがケアして元の理想的なまつ毛が生えるようにするものです。

 

 

美容液は天然成分でできているので副作用の可能性がなく簡単に使用できます。
一方、まつ毛育毛剤は医療機関を受診し医師の処方箋がないと手に入れることができない医薬品です。

 

 

ビマトプロストという元来緑内障の治療薬成分として含有されていた成分が主成分でまつ毛の周りの血行を良くして細胞に発毛を促すことによりまつ毛の成長を早めて量や密度を増やすような効果があります。
同時に栄養分や保湿成分含まれています。

 

 

しかし、医薬品のため副作用は逃れられません
どちらを使用するかは、商品の内容を理解した上でご自身のまつ毛に合ったものを選ぶのが最も安全で効果的と言えます。

 

 

まつ毛育毛剤にどのような副作用があるのかと言えば、よく言われているのは色素沈着です。
上手にまつ毛の部分にだけ塗ることができればいいのですが、皮膚に触れてしまうと
その部分が色素沈着を引き起こしてしまい、黒ずんだようになります。

 

 

その他にも眼圧低下を引き起こしてしまう可能性も報告されています。

 

このようなまつ毛の育毛剤は医薬品になるので医師の処方がなければいけません。
手に入れる場合は病院に行くか、もしくは個人輸入という形で海外から取り寄せなければいけません。

 

以上のことを考えますと、安全性と利便性を考えるとまつ毛美容液のほうが良いと言えるでしょう。

 

月額制 全身脱毛