エイジングケアを始めるタイミング

MENU

エイジングケアのはじめ時

20歳を過ぎるとお肌の曲がり角だと言われますが、肌の老化が現れ始めるのが30代からだと言われています。
エイジングケアは、できれば30歳くらいから始めた方がよいでしょう。

 

 

しかし、人によっては30代は子育ての真っただ中なので、自分の美容を気にする暇が無いという人もいます。
遅くとも40歳ぐらいになった時は、エイジングケアを始めないとエイジングの症状が色々と出てくるのです。

 

最初は、よく判らない所から肌の老化現象が始まります。
30歳から40歳になると女性の肌は乾燥しがちになるのです。
これは、加齢により、肌の美容成分が減ってしまうからだと言われています。

 

加齢により元々体に備わった保湿成分が減少することが原因

人の肌には元々コラーゲンやヒアルロン酸が含まれているのですが、減少する事により、乾燥肌になり、乾燥によってシワ、たるみ、ほうれい線、ハリの減少などが起こります。

 

他にも、肌のバリア機能が失われる事で、シミやくすみ、ターンオーバーが上手くいかなくなるのです。

 

最近では、エイジングケアの考え方が変わってきたため、早い段階から始める人も増えてきています。
今は、早い人で30歳から、遅い人でも40歳くらいからエイジングケアを始めていますが、将来的には20歳からエイジング化粧品を使う時代が訪れるかもしれません。

 

オルビスお試しセットをお得にお試ししませんか?へ戻る

オルビスユーは30歳からのエイジングケアを応援!

オルビスユーのエイジングケアは30代からというコンセプトがあります。

20代後半を境に女性ホルモンの影響で少しづつお肌のハリが失われ、乾燥も顕著になっていきます。
オルビスユーはそんなうエイジングケアの1年生とも言える年齢の方に使って欲しい化粧品です。

 

40歳・50歳になって慌てて保湿成分をお肌に入れてもやはり回復が違います。
早い段階から少しづつ補ってあげることで老化を食い止めることができ、40代・50代で出来てなかった人との差が出るのです。

 

よく、年齢はほとんど変わらないのに老けてる人と、きれいな人といますよね。そういうことなんです。

早め早めのエイジングケアに着手することが、将来のお肌を左右するのです。
オルビスユーだけでなく、様々な年齢肌用の化粧品が販売されています。是非、気がついた時がはじめ時ですので是非試してみてはいかがでしょうか。